体脂肪率の計算式と脂肪について

    

 

内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは言われていなかったとしても、臓器の脂肪が付くようなタイプの悪い肥満になるということで、いろんな生活習慣病を発症する可能性が高まります。

H17年以降トクホ(特定保健用食品)のパッケージにおいて「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意を促す日本語の明記が食品メーカーに義務付けられました。

 

体脂肪率

 

計算式

体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、人体の中の脂肪の占有する割合であり、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量÷体重(weight、キロ)×100」という計算式で分かります。

「体脂肪率(percent of body fat )」とは、全身の脂肪の占めている率のことであって、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(キロ)×100」という計算によって把握できます。

体脂肪の量

体脂肪の量(somatic fat volume)は変動が見られず、体重だけが食物の摂取や排尿などで短時間で増減するような時、体重が増えたら体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減少した人は体脂肪率が高まることがわかっています。

肥満の状態

肥満の状態というのは勿論食事の栄養バランスや運動不足などが原因ですが、内容量の変わらないごはんだったとしても、せっかちに食べ終わる早食いを日常化することで脂肪過多に陥っている肥満の状態を招く恐れがあります。
肥満(obesity)は勿論あくまで食事の栄養バランスや運動不足などが要因ですが、内容量の変わらない食事だったとしても、あっというまに終了する「早食い」を日常化することにより体重過多に陥っている肥満の状態を招きやすくなるようです。
肥満の状態は勿論あくまで摂取する食物の種類や運動不足などが主因ですが、同量のごはんでも、かきこむように食べ終わる早食いをしていれば体重過多に陥っている肥満の状態を招きやすくなります。

塩分と脂肪分の摂り過ぎを控えて無理のない運動に努めるだけでなく、ストレスを蓄積しすぎない毎日を心がけることが狭心症の要因となる動脈硬化を防ぐ知恵です。

体脂肪率計算式まとめ

「体脂肪率(body fat percentage)」とは、人の体の中の脂肪が占有する%であり、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪の量(キログラム)÷体重(weight、kg )×100」という数式で値を確認できます。

 

トップページ