ポリフェノールの特徴や作用と色々な栄養

    

 

ポリフェノール

ポリフェノールで最も有名な特徴は水溶性のビタミンCや脂溶性のV.E.(ビタミンE)などとは異なっていて、細胞間の水溶性の部分、脂溶性部分、そして細胞膜でも酸化しにくくする効果があります。

ポリフェノールに代表されるフィトケミカルのジャンルに入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる揮発性の物質について、肝臓が分泌している解毒酵素自体の創造を助けているかもしれないという新たな事実が判明してきたのです。
ポリフェノール最大の作用は水溶性のL-アスコルビン酸(ビタミンC)や脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)違って、細胞と細胞の間の水溶性部分、脂溶性部分、更には細胞膜でも酸化を予防する効果があります。

その他の栄養

ビタミンB1

ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、両手両足が麻痺したり脚の浮腫みなどが象徴的で、症状が進行すると、重症の場合、呼吸困難に至る心不全などを発症する可能性があるのです。

ナイアシン

酒類に含まれるアルコールを分解する働きがあるナイアシンは、不快な二日酔いに効果的な成分です。苦しい二日酔いの元凶物質と考えられているアセトアルデヒド(acetaldehyde)という化学物質の無毒化にも関わっているのです。
アルコールをクラッキングする効果のあるナイアシンは、苦しい二日酔いによく効きます。不快な宿酔の要因といわれるエチルアルデヒドという物質の分解に力を発揮します。

アルコール

薬や酒に含まれるアルコール、増粘剤を始めとした食品の添加物などを特殊な酵素によって分解して無毒化する活動を解毒と称し、肝臓の非常に大切な仕事の一つであることは間違いありません。

ダイエットの弊害

エネルギーとしてすぐに役立つ糖分、新陳代謝に必要な蛋白質など、激しいダイエットではこれらに代表される活動を維持するために外すことのできない成分までも減らしてしまっている。

ダイエットに勤しむあまりカロリー摂取を控える、ほとんど食べない、そんな暮らし方が結果として栄養までもを不足させ、四肢の冷えを招くことは、多くの先生方が問題視されています。
必須栄養を万遍なく含んだ食生活や運動はもちろん、肉体や精神の健康やビューティーを目的として、特に摂りたい栄養を補うために色々な成分のサプリメントを摂取する行為が珍しくなくなりました。
痩せたいあまりに摂取カロリーの総量を抑える、あまり食べない、そんな暮らしのスタイルが栄養までもを不足させ、慢性的な四肢の冷えを誘発する事は、頻繁に危惧されているのです。

アミノ酸

グルタチオン

アミノ酸のひとつであるグルタチオン(Glutathione-SH、GSH)は、細胞の機能を下げたり突然変異をもたらす悪影響を及ぼす有害物質を体の内側で解毒し、肝臓の機能性をより良くする働きが分かっているのです。

ピリドキシン

ピリドキシンは、様々なアミノ酸(Amino acid)をクレブス回路と呼ばれるエネルギー源を燃やすのに欠かせない回路に取り込むためによりクラッキングさせるのを促すという作用もあります。
ピリドキサミンには、あのアミノ酸(Amino acid)をクエン酸回路と呼ばれるエネルギー源を活用するために必要な重要な回路に取り込ませるため、更にクラッキングすることを助長する機能もあると言われています。

エネルギーの源

エネルギーの源として速攻で使われる糖分、細胞の生まれ変わりに必須のタンパク質など、過度の痩身ではこうした活動を維持するために絶対欠かせない栄養素までもを乏しい状態にする。

 

ポリフェノールまとめ

ポリフェノールで最も有名な長所は水溶性のL-アスコルビン酸やV.E.などとは異なって、細胞間の水溶性の部分、脂溶性部分、更には細胞膜でも酸化を遅れさせる効果を持っています。

 

トップページ