神経に関する知識と骨折について

    

 

神経インパルス

鍼灸の鍼を気になる所に刺す、という直接的な刺激が、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスという名称の要は電気信号伝達を発生させると考えられているのです。

針を皮膚に刺してもらう、という物的な幾多の刺激が、神経細胞の活動を促し、神経インパルスと称される要は電気信号伝達を誘発するのではないかという考え方が浸透しています。針を痛みの発生源に刺す、という直接的な幾多の刺激は、神経細胞を活性させ、神経インパルスと称されるいわば電気信号の化学伝達を引き起こすのではないかと考えられているようです。

セロトニン

脳内の5-HT(セロトニン)神経は、自律神経を整えたり痛みの防御、覚醒現象などを支配しており、単極性気分障害(大うつ病)の方ではその働きが低下していることが判明している。

脳内のセロトニン神経は、自律神経のバランスの調整や痛みのブロック、様々な覚醒などを操作しており、大鬱病に罹患している人では作用が弱体化していることが科学的に証明されている。5-HT(セロトニン)神経は、自律神経をメンテナンスしたり痛みのブロック、分泌物質の覚醒などを操作しており、大鬱病の患者では働きが鈍いことが判明しているのだ。

ヘルニア

頸椎などが痛むヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨の間で緩衝材みたいな役割を果たしている椎間板(ついかんばん)という名称の柔らかい円形の組織がはみ出してしまった様子を示しています。

 

骨折

自分で外から見ただけでは折れているのかどうか不明な場合は、痛めてしまった所の骨を優しく指で突いてみて、もしその部分に激しい痛みが響けば骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。

一般的には骨折しない程度のごく僅かな力でも、骨の決まった部分に幾度も繰り返しひっきりなしにかかることによって、骨折に至ることがあるので注意が必要です。

自分で外から眺めただけでは骨折したのかどうか自信がない場合は、痛めてしまった部位にある骨をゆっくり圧してみてください。もしその箇所に激しい痛みが走れば恐らく骨折だと思われます。

自転車事故や山での滑落など、著しく大きな圧力がかかった場合は複数の箇所に骨折が発生したり、骨が外部に突出する開放骨折となったり、更には内臓が負傷してしまうこともあり得ます。

常識で考えると骨折はしない位の僅かな圧力でも、骨の狭いエリアだけに幾度も次から次へと力が加わることにより、骨折してしまうことがあるので注意が必要です。

 

トップページ