耳の聞こえにくさの原因や構造など

    

 

めまい

めまいが現れず、しつこい耳鳴りと低音域の難聴だけを何回も発症するタイプの事を区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエル病」と診断するようなこともあるのです。

めまいは出ないのに、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと難聴の2つの症状をいつまでも繰り返す症例のことを区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエル病」という名前で呼ぶこともよくあります。

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)

急性中耳炎(Acute otitis media)とは、最も代表的な中耳炎で幼い子供に起こりやすい病気です。強烈な耳痛や38℃以上の高熱、ひどい鼓膜の腫れ、耳漏(じろう)などが出現するのです。

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最も患者数の多い中耳炎で乳幼児に起こりやすい病気です。猛烈な耳痛や38℃以上の高熱、鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏など多岐に渡る症状が発生するのです。

耳の聞こえにくさ

加齢に伴う耳の聞こえにくさにおいてはちょっとずつ聴力が落ちていくものの、通常は60歳過ぎまでは耳の悪さをきちんと把握できません。

加齢が原因の耳の聞こえ辛さは毎日少しずつ聴力が低くなりますが、多くの場合は還暦くらいまでは耳の衰えをしっかりと把握できません。
年齢を重ねることが原因の耳の聞こえ辛さではなだらかに聴力が落ちていくものの、多くの場合は還暦くらいまでは耳の悪さをなかなか自認できません。
高齢化が原因の耳の聞こえにくさではじわじわと聴力が低下するものの、大体において60歳を超えないと耳の衰えをしっかり自認できないものです。

子どもの耳管は、大人のそれと比較すると太めで短めで、且つ水平に近いため、バイ菌が侵入しやすくなっているのです。大人より子どもの方がよく急性中耳炎を起こすのは、この作りが関係しています。

耳鳴り

耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、本人だけに聞こえるという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音のように当事者だけでなく他の人にも品質の高いマイクロホンなどを使用したりすると聞くことのできるというタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、治療法が異なります。

ヒトの耳の構造

ヒトの耳の構造は、外側から順番に「外耳」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに分けることができますが、この中耳の辺りに様々な黴菌やウィルスなどがうつることで炎症が発症したり、液体が滞留する病気を中耳炎と言っています。
、中耳の部分に細菌やウィルスが感染し、炎症が誘発されたり、液体が溜まる病気
中耳のところに様々な黴菌やウィルスなどが付着して発赤等の炎症が起きたり、体液が滞留する症状を中耳炎と呼ぶのです。

 

トップページ