栄養や成分に関する豆知識

    

 

ビタミンB1

ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、主に両手両足がマヒしたり下肢の著しい浮腫などがよく見られ、発症から時間が経つと、最も重症の場合、心不全を誘発する可能性があるそうです。

タンパク質

体を維持するのに必要なエネルギーとして瞬時に役立つ糖、細胞の新陳代謝に絶対欠かせないタンパク質など、過度のダイエットではこの2つに代表される活動を確保するために欠かすことができない栄養成分までもを乏しい状態にする。

トコトリエノール

トコトリエノールの作用は抗酸化効果が一番知られていますが、その他に肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの生成を抑えるというようなことが知られています。

トコトリエノールの機能の中では酸化を防ぐ作用が殊に知られていますが、この他にも肌を美しくしてくれる効果や、血清コレステロールの生産を抑制したりするというようなことが言われています。

V.B6

V.B6は、あのアミノ酸(Amino acid)をクエン酸回路と呼ばれているエネルギーの代謝のために必要となる回路へ組み込むため、より化学分解するのを促す作用もあるのです。

V.B6は、色々なアミノ酸をクエン酸回路と呼ばれているエネルギー源を活用するのに欠かせない回路へ入れるためにそれ以上に細分化させるのを助長する動きもあります。

ピリドキシン

ピリドキシンには、色々なアミノ酸をトリカルボン酸回路と呼ばれているエネルギー源の利用に必要な回路へ組み込ませるため、輪をかけてクラッキングするのを促す機能もあると言われています。

ポリフェノール

ポリフェノール最大の長所はL-アスコルビン酸(ビタミンC)や脂溶性のV.E.などとは性質が異なり、細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、そして細胞膜でも酸化を遅れさせる作用を発揮するのです。

亜鉛

亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA)やタンパク質を合成させるために働く色々な酵素や、細胞・組織の交替に関わる酵素など、200種類以上も存在する酵素を構築する成分として絶対に外せないミネラルの一種です。

カフェイン

ハーバード医科大学の調査結果によると、一般的なコーヒーと比較して毎日2カップ以上カフェインが90%以上除去されたコーヒーで代用すると、なんと直腸癌の発病率を0.52減らせたそうだ。

栄養の豆知識を頭に置いて、正しく摂取することが大事ですね。毎日の生活に取り入れ、健康に役立てましょう。

ダイエットをする時にも栄養を抜いてしまうと反動が来てしまいます。健康的に痩せたいものですね。

 

トップページ